2017年01月10日

【休日教習のお知らせ】

みなさん こんにちは〜!



今年に入って暖かい日が続いていましたが・・・

今週は寒くなりそうなので体調には十分気をつけてくださいね。


1月16日(月)、1月23日(月)は指定休日ですが、午前中、技能教習を実施します。
(9時30分〜、10時30分〜、11時30分〜、12時30分〜の4時限)

送迎バスも運行いたします。
限定運行ですので、お早目のご予約をお願いいたします。


セーフティドライバーを目指して頑張りましょう


by.popo



posted by 熊本県の自動車学校 中央自動車学校 at 09:59| 熊本 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

肉まん最後の日(T_T)/~~~

こんにちは


今日も中央自動車学校に来てくれてありがとうございます


毎週土曜日に肉まん、ピザまんのおもてなしをしてましたが、今日がラストの日になります(T_T)


いつも楽しみにしてくれてた皆さま、ありがとうございました。


本日の入校式は通常通り、14時30分から説明会が始まります。


気を付けてお越しくださいませ。

posted by 熊本県の自動車学校 中央自動車学校 at 10:30| 熊本 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

☆1月の旬なもの(^^♪☆

こんにちは〜

今日もいい天気に恵まれましたね〜

お正月、3が日はいかがお過ごしでしょうか



1月といえば、皆さん、何を連想しますか〜

1月の旬を連想してみましたので、少しばかりご紹介〜

 
  
【蜆(しじみ)】
 寒さが一段と厳しさを増すこの頃に食べ頃になるのがシジミ。
 シジミの旬は冬と夏だが、寒シジミは1月が美味。
 小粒より大粒を選び、口が閉じているのが鮮度がよい。
 シジミは黄疸を直す薬効があるといわれ、味噌汁の具にすると旨みやエキスが出ておいしい。
 必須アミノ酸、カルシウム、ビタミンB2、B12も豊富で肝臓、貧血に効果がある。
 
 
【鮟鱇(あんこう)】
 旬は冬から早春。
 味はフグに比較される。
 からだが柔らかくぬめぬめしているので、アンコウの口の骨にカギをかけて、つるし切りする。
 野菜や豆腐と一緒に割り下で煮込んだアンコウ鍋がおいしい。
 身ばかりか皮や内臓もあますところなく食べ、特に肝臓(トモ)、胃袋(水袋)、卵巣(ヌノ)、
 ほお骨(柳肉)、エラ、ヒレ、皮は、アンコウの「七つ道具」といわれ、
 珍味としてもてはやされている。
 
 
【金目鯛】
 タイと名が付いているが、タイ科の魚ではない。
 旬は冬だが、6月頃も脂がのっており、
 その刺し身はプリプリした歯ごたえと脂の甘さがあっておいしい。
 煮魚の場合は、目玉の回りのトロリとしたところまで食べるのがよい。
 頭とヒレの付け根の肉は歯ごたえもあり美味。
 
 
【鮒(ふな)】
 小鮒は、甘露煮や昆布巻きに利用される。
 大きな活魚は洗いや辛子味噌和えに、特に寒鮒が美味。
 
 
【眼抜(めぬけ)】
 赤魚鯛の一種で、両者を混同して売っていることも多い。
 濃いめの味で煮付け、空揚げ、粕漬けなどに向く。
 脂肪が多いので、鍋物や汁物にする時は湯通しするのがコツ。
 
 
【牡蠣】
 流通しているカキは、養殖物が主流とはいえ、やはり冬場がおいしい。
 カキの旨さは、二枚貝の中でも脂質、グリコーゲンを多く含むためである。
 グリコーゲンは、肝臓の働きを助ける効果がある。
 また、銅や鉄などの無機成分や脂溶性、水溶性のビタミンを多く含み、
 貧血にも効果がある。
 
 
【鰤(ぶり)】
 天然物は冬が旬。
 現在では天然物をブリと呼び、養殖物をハマチと呼んで区別することが多い。
 脂ののった寒ブリはおいしく、刺し身、塩焼き、照り焼きなどにする。
 
 
【ずわい蟹】
 山陰地方では松葉ガニ、福井では越前ガニと産地によって呼び名が変わる。
 メスはオスに比べ小さい。
 特に卵を抱いているものは珍重され、
 未成熟卵の内子(うちこ)を持っているものは市場価値が高い。
 オスは足の肉は多く、しかも甘くコクがあるので、
 グルメにとってはカニの王様といわれる。
  
  
【薺(なずな)】
 正月の七草の一つ。
 七草粥に入れて食す。
 花は春に咲き、ぺんぺん草とも呼ばれる。
 
 
【芥子菜】
 ピリッとした辛みと香りがあり、葉や茎は漬物に、種子は香辛料(マスタード)に利用される。
 ザーサイは茎を漬物にしたもの。
 
 
【白菜】
 春と秋から冬の年2回収穫されるが、
 11月終わりから2月までは甘みが出て一番おいしく、
 鍋物の需要も高く出荷量が多い。
 白菜は見るからに栄養分が少なく感じられるのだがビタミンCはみかんと同じくらいで、
 カルシウムの量は人参やセロリ程度は含んでいる。
 そのうえ大量に食べてもカロリーは少ないので太らない。
 のぼせを下げて便通をよくするので、高血圧の人におすすめである。
 
 
【ほうれん草】
 年中出回ってはいるが、根元が赤くなる冬が旬。
 冬場のほうれん草の赤い根元は栄養価が高く、貧血症に効果があるマンガンが含まれる。
 
 
【大根】
 産地と品種を変えて1年を通して出回っているが、多く出回るのは10月〜3月。
 デンプンを消化する働きをもつアミラーゼを含んでいるので、ご飯のおかずにピッタリである。
 
 
【京菜】
 京菜は水菜の一種で、京都が原産地といわれる。
 出盛り期は1月〜3月。
 京菜にはカロチンやビタミンCが多く含まれており、
 関西や九州では新鮮なものを鍋物(クジラ肉や油揚げと煮る)に用いたりする。
 霜が降りた頃のものは味も風味もよい。
 
 
【芹(せり)】
 春の七草の代表的な水菜。旬は早春から初夏。
 葉にはビタミン類も含まれており、食欲増進や冬場のビタミン補給に役立つ。
 また、発汗作用や補湿作用もある。
 
 
【ブロッコリー】
 冷涼な気候を好むブロッコリーの旬は、冬から春先。
 ビタミン類、鉄分をふんだんに含み栄養価が高い。
 ゆですぎるとビタミンの損失が大きくなるので気を付ける。
 
 
【金柑】
 最盛期は12月〜2月にかけての真冬。
 皮にはビタミンCが多く、丸ごと食べるとかなりのビタミンCがとれ、風邪予防にもなる。
 
 
【凸柑(ぽんかん)】
 12月〜3月に出回る。
 頭の先端がコブのように突き出しているのが特徴。
 果汁が多く、甘みと香りも強くておいしい。
 
 
【ネーブル】
 ネーブルオレンジは、早生種で、11月〜4月頃に出回る。
 ビタミンCを多く含み、皮は砂糖漬けやシロップ煮、マーマレードにも適している。


 
1月の旬は、どれも美味しそうなものばかり〜

栄養をしっかりとって風邪をひかないようにして、寒さを乗り切りたいものですね〜




posted by 熊本県の自動車学校 中央自動車学校 at 12:39| 熊本 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
旧年中は中央自動車学校をご愛顧いただき、誠にありがとうございました。
本年が皆様にとって素晴らしい1年になりますようにお祈り申し上げます。



正月は、本来その年の豊穣〔ほうじょう〕を司る歳神様〔としがみさま〕をお迎えする行事であり、1月の別名です。
現在は、1月1日から1月3日までを三が日、1月7日までを松の内、あるいは松七日と呼び、この期間を「正月」と言っています。
地方によっては1月20日までを正月とする(二十日正月・骨正月)こともあります。
 
正月は、日本の行事の中で最も古くから存在するものだと言われています。
しかし、その起源はまだ詳しく分かっていません。
仏教が伝来した6世紀半ば以前より正月は存在していたと言われています。




各種お問い合わせは、4日よりお電話にて受け付けております。
(送迎バスの予約は6日より受け付けております)
お休み中にホームページフォームよりいただきました、お問合せ、資料請求等は、4日より順次ご連絡させていただきます。
6日より教習、検定等、通常営業いたします。



熊本の復興に向けて、そして、熊本の安全で安心な社会を願い、職員一同、力を合わせて頑張ります。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。



E3819DE381AEE4BB967.png







 
posted by 熊本県の自動車学校 中央自動車学校 at 09:14| 熊本 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

☆12月28日(水)入校式のご案内☆

こんにちは



今日も中央自動車学校に来てくれてありがとうございます



12月28日(水)の入校式のご案内でございます。



午後1時30分から午後2時20分まで、視力検査、写真撮影



午後2時30分より説明会、そして運転適性検査、



午後4時30分より先行学科1があります。



年内最後の入校式でございます。



お時間のお間違えのないよう、よろしくお願いいたします




posted by 熊本県の自動車学校 中央自動車学校 at 11:10| 熊本 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする